忍者ブログ
2017.06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
T・フィリップス
性別:
男性
キャラ紹介:
T・フィリップス
国籍:イングランド
(冒険)、南蛮、海事、造船キャラ
よくなる職業:海兵隊、砲術家、上級士官、薬品商

1stキャラ、一応冒険キャラだったが、ケイトに発見物数で抜かれる。南蛮はできるが、お金をあまり使わないのであまり南蛮しない。陸戦は鉄砲使い。たまに辻斬りをする。海事はガナドールや商会模擬などが中心。工芸、鋳造、造船カンスト

S・スミス
国籍:フランス
生産、錬金キャラ
よくなる職業:いつもフィロゾフ

2ndキャラ、英語名であるが生粋のフランス人である。採集を持っているため、材料の調達から生産までこのキャラでこなすことができる。が、取引スキルに圧迫されて冒険、海事スキルはほとんど持っていない。Lv条件を満たしてついに念願のフィロゾフになる。縫製、調理、工芸、鋳造カンスト、錬金術R13

ケイト・フィリップス
国籍:イングランド
海事キャラ
よくなる職業:史学科、砲術家

3rdキャラ、冒険もやる。3キャラの中で発見物が一番多い。戦列艦かロイヤルフリゲートくらいまでは上げるつもりだが、もっとあがるかもしれない 調理カンスト
・このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

ブログ内検索

最新記事

RSS

P R

造船実例

造船実例~ロイヤルソブリン~

こんにちは、フィリップスです。私が作った船に関しては造船レシピについていろいろ書いてましたが、ロイヤルソブリンはまだだったので、今回はその記事です。造船記事

PR

つづきはこちら


この、船はガナドールをはじめハイレベルな海事での使用を想定しています。沈まない、拿捕されないを優先した設計となっており防御重視の船です。

OPスキルについて
白兵戦迎撃は、後攻の時に発動し白兵防御力を大幅に増やします。SRで移植した切込み防止網と合わせて白兵防御力の増大が見込めます。実際、実戦では白兵防御力が500出ることを確認しています。
SRについて
SRのうち一つは前述した切込み防止網です。気にっているスキルの一つですが、移植してまでつけたのは初めてです。今考えると水密隔壁のほうがよかったかもしれません。もう一つは、今回の設計の目玉の装甲艦改装です。装甲艦改装は砲撃ダメを軽減します。専用艦でつけた耐砲撃装甲と合わせて砲撃によるダメージの軽減を期待してつけました。
FS強化について
今回は、SRで耐久強化していないのでFS強化で耐久を強化しなくてはなりません。ロイヤルソブリンは強化回数が4回しかないのでギリギリです。実際できた船は耐久はMAXになっていません。帆性能も縦帆優先の強化になっています。造船では性能はトレードオフの関係にあり、ある性能を伸ばすとべつのある性能は犠牲にせざるを得ません。このあたりが、造船の難しさであり楽しさでもあります。

最後にシミュレータのSSを貼っておきます。

× Close

2015/11/24 (Tue) 造船実例 CM(0)

造船実例その3~ガンボート~

こんにちは、フィリップスです。今回も造船実例です。今回はガンボートです。造船記事

つづきはこちら

前回のロイヤルフリゲートと同じくこの船も大海戦での使用を想定しています。
OPスキルについて
 強化砲門は初めから決めてました。ロイヤルフリゲートと同じですね。連携強化は艦隊の攻撃力の増加が目的です。直撃防止も考えましたが私はあまり使わないのでつけませんでした。仕込み爆薬も同じです。
SRについて
 装甲劣化弾が移植されているのは私のこだわりです。現在保有している大海戦用艦艇にはすべて装甲劣化弾が付いています。もう一つのグレードボーナスは耐久強化です。今回はSRで耐久を上げてFSでほかのパラメータを上げる方針で設計しました。
FS強化について
 この船は強化回数は新造を含めると6回あります。今回は主帆だけで帆性能が確実に縦横MAXにならなかったので上質リギングを入れています。解体道具一式は装甲を上げることが目的です。舫綱は旋回ですね。この船は旋回強めです。大海戦で乗っていますが問題はありませんでした。(ヘビーな戦闘がないから気が付いてないだけかも)診察室は船室容量を増やすことができますが、これは枠が一つ空いていたので思いつきで入れました。改良小型砲門は砲室容量の確保が目的ですね。砲スロを16門で埋めようとすると砲室容量が足りなくなる船もあるのでこのあたりは要注意です。最後にシミュレーション結果を貼り付けておきます。

× Close

2015/07/11 (Sat) 造船実例 CM(0)

造船実例その2~ロイヤルフリゲート~

こんにちは、フィリップスです。前回に引き続き造船実例です。今回はロイヤルフリゲートです。造船記事

つづきはこちら

このロイヤルフリゲートは大海戦での使用を想定しています。私が大海戦に出るのは、商会でN狩りのパターンが一番考えられるので見た目を重視したりとロマンを優先した設計になっています。

OPスキルについて
 強化砲門は初めから決めてました。強化砲門があると若干ではありますが装填が早くなる効果があります。もう一つのスキルは、最初対人船に巻き込まれたことを想定して機雷除去を考えてました。ですが、最終的には汎用性の高い司令塔を選択しました。連携強化でもよかったかもしれません。
SRについて
 この船のSRは、すぐに決まりました。というのも、装甲劣化弾(ロマンです)の移植を最初から決めていたからです。もう一つのリビルドボーナスもフリゲートは船員数が少ないということで名倉強化になっています。
FS強化について
 この船は再強化をしているので強化回数は新造を含めると6回あります。OPスキルの付与で2回減りますが、それでも4回残るのでいろいろできました。帆性能を縦横MAXにするのは6回あれば主帆だけでできるので楽でした。特殊船倉は装甲と耐久を同時に上げるのが目的です。強化回数と必要な強化量との兼ね合いで決めました。舫綱は旋回目的です。提督居室が2個あるので1個だけです。装材は完全にロマンです。兵装枠を一つ消費する上に見た目しか変わらないので性能的には無意味です。私の場合FS強化の組み合わせはシミュレータで試行錯誤しながら決めてます。思いつきで部品を入れることもあります。いろいろ試した中で最もよさそうな組み合わせで船を作ってます。ですが、どの性能をどの部品であげるかは大体決めてます。

シミュレーション結果です。

× Close

2015/07/06 (Mon) 造船実例 CM(0)

造船実例その1~一等戦列艦~

こんにちは、フィリップスです。4月ころに造船についていろいろ書きましたが、実例とともに設計理由も示したいと思います。少しでも参考になれば幸いです。

つづきはこちら

今回扱うのは、一等戦列艦です。このブログを始めたころに記事にしてるやつです。造船記事
この一等戦列艦は、ガナのようなハイレベルなNPC戦での使用を想定して作っています。

OPスキルについて
 この船についているOPスキルは切込み防止網と司令塔です。ほかにリビルドで轟音機雷が付いています。轟音機雷はあとで触れるとして、ここでは切込み防止網と司令塔を選択した理由を書きたいと思います。
 一等戦列艦につくOPスキルは、集中装填、特殊船尾楼、切込み防止網、連携強化、司令塔です。切込み防止網は白兵戦迎撃と違い無条件で白兵防御が上がる優秀なOPスキルです。白兵が強い敵と戦うことも想定しているので選択しました。残りの一枠はいろいろ考えました。最初は特殊船尾楼を考えてましたが、ガナのボスは白兵が異様に強いので特殊船尾楼をつけたところでガナは白兵が異様に強いのも多いので焼け石に水だろうと考え特殊船尾楼案は破棄しました。残るのは、集中装填、連携強化、司令塔ですが、集中装填は停船しなければならないので使いどころが難しいので最初から候補に挙げてませんでした。司令塔と連携強化はどちらも優秀なスキルですが、ソロでも活きてくるということで最終的には司令塔を選択しました。

SRについて
 この船のリビルドはスキル移植と耐久強化を選択しています。スキル移植はこの船を設計するときから決めてました。轟音機雷をばらまきたいというかなり単純な理由です。威力重視なら強化機雷でもよかったかもしれません。耐久強化はシミュレータで色々なパターンを試している中でたどり着いた結果です。最初の案では耐久はFS強化であげてSRでは旋回強化を選択する案を考えてました。ですが、SRで耐久強化を選択したほうがFS強化でほかのパラメータを上げられるので耐久強化を選択しました。

FS強化について
 前述のとおり、FS強化で耐久は上げてません。また4回のうち2回はOPスキルの付与で使われてます。決めなければならない強化2回です。ただし、主帆は4回分決めないといけません。帆は縦横MAX強化したかったので大ラテと大スクェアを2個づつ入れてます。残る兵装4枠(2回強化分)のうち2枠は、大マストを入れてます。これも縦横MAXにするためです。最後の2枠は装甲を上げてますが、とりあえずあげておくかくらいの感覚で入れてます。旋回を上げてもよかったのですが、OPスキルの付与で提督居室が2個と副官室1個を入れているのでここで旋回を上げると上げすぎになると考えて入れませんでした。今回は全備状態(帆スロいっぱい)の時に旋回が10チョイになるようにしています。あまり旋回が強いとクルクル回って扱いにくくなるので難しいところです。
 
専用艦スキルについて
 耐砲撃装甲は私の中では定番スキルです。使い勝手のいいOPスキルの一つだと思います。

造船シミュレータの結果も貼り付けておきます。

ちなみに、強化順番は実際のものと違います。実際には先にOPスキルを付与しています。提督居室とかの大成功狙いです。シミュレーションでは付与するOPスキルが見えるようにあとで付与するレシピにしています。
そういえば、DOL+の更新止まってますねぇ。造船シミュレータ作ってもいいですねぇ。

× Close

2015/07/01 (Wed) 造船実例 CM(2)
| HOME |