忍者ブログ
2017.07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
T・フィリップス
性別:
男性
キャラ紹介:
T・フィリップス
国籍:イングランド
(冒険)、南蛮、海事、造船キャラ
よくなる職業:海兵隊、砲術家、上級士官、薬品商

1stキャラ、一応冒険キャラだったが、ケイトに発見物数で抜かれる。南蛮はできるが、お金をあまり使わないのであまり南蛮しない。陸戦は鉄砲使い。たまに辻斬りをする。海事はガナドールや商会模擬などが中心。工芸、鋳造、造船カンスト

S・スミス
国籍:フランス
生産、錬金キャラ
よくなる職業:いつもフィロゾフ

2ndキャラ、英語名であるが生粋のフランス人である。採集を持っているため、材料の調達から生産までこのキャラでこなすことができる。が、取引スキルに圧迫されて冒険、海事スキルはほとんど持っていない。Lv条件を満たしてついに念願のフィロゾフになる。縫製、調理、工芸、鋳造カンスト、錬金術R13

ケイト・フィリップス
国籍:イングランド
海事キャラ
よくなる職業:史学科、砲術家

3rdキャラ、冒険もやる。3キャラの中で発見物が一番多い。戦列艦かロイヤルフリゲートくらいまでは上げるつもりだが、もっとあがるかもしれない 調理カンスト
・このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

ブログ内検索

最新記事

RSS

P R

造船実例その2~ロイヤルフリゲート~

こんにちは、フィリップスです。前回に引き続き造船実例です。今回はロイヤルフリゲートです。造船記事

つづきはこちら

このロイヤルフリゲートは大海戦での使用を想定しています。私が大海戦に出るのは、商会でN狩りのパターンが一番考えられるので見た目を重視したりとロマンを優先した設計になっています。

OPスキルについて
 強化砲門は初めから決めてました。強化砲門があると若干ではありますが装填が早くなる効果があります。もう一つのスキルは、最初対人船に巻き込まれたことを想定して機雷除去を考えてました。ですが、最終的には汎用性の高い司令塔を選択しました。連携強化でもよかったかもしれません。
SRについて
 この船のSRは、すぐに決まりました。というのも、装甲劣化弾(ロマンです)の移植を最初から決めていたからです。もう一つのリビルドボーナスもフリゲートは船員数が少ないということで名倉強化になっています。
FS強化について
 この船は再強化をしているので強化回数は新造を含めると6回あります。OPスキルの付与で2回減りますが、それでも4回残るのでいろいろできました。帆性能を縦横MAXにするのは6回あれば主帆だけでできるので楽でした。特殊船倉は装甲と耐久を同時に上げるのが目的です。強化回数と必要な強化量との兼ね合いで決めました。舫綱は旋回目的です。提督居室が2個あるので1個だけです。装材は完全にロマンです。兵装枠を一つ消費する上に見た目しか変わらないので性能的には無意味です。私の場合FS強化の組み合わせはシミュレータで試行錯誤しながら決めてます。思いつきで部品を入れることもあります。いろいろ試した中で最もよさそうな組み合わせで船を作ってます。ですが、どの性能をどの部品であげるかは大体決めてます。

シミュレーション結果です。
PR

× Close

2015/07/06 (Mon) 造船実例 CM(0)
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可