忍者ブログ
2018.07 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
T・フィリップス
性別:
男性
キャラ紹介:
T・フィリップス
国籍:イングランド
(冒険)、南蛮、海事、造船キャラ
よくなる職業:海兵隊、砲術家、上級士官、薬品商

1stキャラ、一応冒険キャラだったが、ケイトに発見物数で抜かれる。南蛮はできるが、お金をあまり使わないのであまり南蛮しない。陸戦は鉄砲使い。たまに辻斬りをする。海事はガナドールや商会模擬などが中心。工芸、鋳造、造船カンスト

S・スミス
国籍:フランス
生産、錬金キャラ
よくなる職業:いつもフィロゾフ

2ndキャラ、英語名であるが生粋のフランス人である。採集を持っているため、材料の調達から生産までこのキャラでこなすことができる。が、取引スキルに圧迫されて冒険、海事スキルはほとんど持っていない。Lv条件を満たしてついに念願のフィロゾフになる。縫製、調理、工芸、鋳造カンスト、錬金術R13

ケイト・フィリップス
国籍:イングランド
海事キャラ
よくなる職業:史学科、砲術家

3rdキャラで海事キャラ、冒険もやる。3キャラの中で発見物が一番多い。3キャラの中で一番活動している。海事をどのLvまで上げるかは未定である。 調理カンスト
・このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

ブログ内検索

最新記事

RSS

P R

交易・生産

[1]  [2]  [3

造船素材の調達

こんにちは、フィリップスです。最近造船関連記事ばっかりですが今日は造船素材についてです。

造船で使う素材は基本的に固定レシピです。そのため、自力で調達しようとすると旅に出ることになります。今回は、よく使う素材についてまとめたいと思います。

主帆
 ラテン、スクウェア、ガフの3つがありますが、大型用はすべて中米開拓街です。材料は強化ロープ、加工木材、麻生地です。

強化ロープ
 各種の素材の中間材料になっているほか、軍艦の強化で使います。レシピはヴェラクルスかリオです。黄麻とサイザル麻を使います。

渡し網
 対波を上げます。材料は、強化ロープ、ロープ、加工鉄材です。レシピはサントドミンゴにあります。

舫綱
 旋回をあげます。材料は、強化ロープ、ロープ、加工鉄材です。レシピはカリカにあります。

このほかよく使うものは、提督居室ですがこちらはアデンにレシピがあります。材料は高級家具、ワックス、加工木材と少々面倒です。

加工木材は強化では使いませんが、素材を作るのによく使います。固定レシピはカリブなので可搬レシピを調達するといいでしょう。

他にもよく使う素材はありますが、OPスキルをつけるのに使うものが多いのでここでは書きません。

私が素材を作りに行くときは、最初に加工木材を仕込んでからカリブに行ってそのあと大西洋を渡って、インドに行っています。作りに行く前に必要な素材をリストアップしてレシピの場所と必要な材料をまとめておくとスムーズに生産することができるのでお勧めです。


PR
2015/04/14 (Tue) 交易・生産 CM(0)

造船部品集めの旅一等戦列艦編

こんにちは、フィリップスです。

先日海事Lvが69になったので、一等戦列艦の造船計画を進めています。私はできるだけ、造船部品は自製するようにしているのでスミスで生産の旅に行ってきました。

ヨーロッパで現地調達の難しい材料を仕込んで、カリブに向けて出発!
  

最初にヴェラクルス郊外で、サイザル麻を集めます。PFの葉っぱから作ってもよかったのですが、足りなさそうなので今回は集めました。
   
この時、一緒に巨大な葉も手に入りますがこれもサイザル麻に加工しました。ヨーロッパから持ち込んだ黄麻と集めたサイザル麻から
  
 強化ロープを作ります。今回はSRで耐久強化するので、強化ロープは強化で使わないのですが、強化ロープは帆など各種部品の中間材料になっているので数が必要です。

途中、ドミンゴで麻生地を仕入れて開拓街に移動
 
帆やマストを作りました。

バイーアで防舷綱を作って、大西洋を渡って喜望峰を回りアデンに移動。
提督居室を作りました
 
スエズ運河を使って地中海に出て、サロニカ移動投げ網を作ってスミスでの生産は終了。

司令塔は、カリブに船体を作りに行く前にフィリップスで作りました。

船体は、ニコファイのsyn-1さんに公用船体にしてもらいました。
  

一等戦列艦の造船記事は次回です。おたのしみに。
2015/02/15 (Sun) 交易・生産 CM(2)