忍者ブログ
2017.09 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
T・フィリップス
性別:
男性
キャラ紹介:
T・フィリップス
国籍:イングランド
(冒険)、南蛮、海事、造船キャラ
よくなる職業:海兵隊、砲術家、上級士官、薬品商

1stキャラ、一応冒険キャラだったが、ケイトに発見物数で抜かれる。南蛮はできるが、お金をあまり使わないのであまり南蛮しない。陸戦は鉄砲使い。たまに辻斬りをする。海事はガナドールや商会模擬などが中心。工芸、鋳造、造船カンスト

S・スミス
国籍:フランス
生産、錬金キャラ
よくなる職業:いつもフィロゾフ

2ndキャラ、英語名であるが生粋のフランス人である。採集を持っているため、材料の調達から生産までこのキャラでこなすことができる。が、取引スキルに圧迫されて冒険、海事スキルはほとんど持っていない。Lv条件を満たしてついに念願のフィロゾフになる。縫製、調理、工芸、鋳造カンスト、錬金術R13

ケイト・フィリップス
国籍:イングランド
海事キャラ
よくなる職業:史学科、砲術家

3rdキャラで海事キャラ、冒険もやる。3キャラの中で発見物が一番多い。3キャラの中で一番活動している。海事をどのLvまで上げるかは未定である。 調理カンスト
・このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

ブログ内検索

最新記事

RSS

P R

造船

[1]  [2]  [3]  [4

リビルド方法論

こんにちは、フィリップスです。

さて、造船で一番お金がかかるのは何でしょう?

考えるまでもなくリビルドです。
今回は、私が普段やっているリビルドの方法について書きたいと思います。最適解かどうかは保証しません

私は、最初に素材船を用意してます。素材船自体リビルド船である必要があります。リビルドは、素材船のグレードが高いほうが成功率が高くなります。異種船どうしのリビルドは一般に成功率が低いので前もって、グレードの高い素材船を用意するのです。

表はWikiから借用しました。アンダーラインが引いてあるのが普段私がリビルドするときの組み合わせです。素材船は低いほうからそれぞれG2、G2,G3を用意してます。G2の時だけ、成功率が100%じゃありませんが、これは後程解説します。

素材船は親方から買います。このとき、安いお船を買わないといけません。私は、ロンドンでリビルドや強化をしているので大キャラック級を使ってます。(商大キャラックとか重キャラック)イベリア方面でも使えるみたいですが、南仏、イタリア方面では使えません。アントワープなら大キャラック級が買えるのでアントワープでリビルドを済ませるのもいいと思います。(銀行近いしね)どこかで書いた気がしますが、スキルの移植はG0→G1のリビルドで済ませます。素材船を用意するのにお金がかかるからです。例外としては、何らかの理由で乗らなくなった船からスキルを移植する場合です。もし、その船がG3ならばスキル移植はG2→G3でするべきです。そのほうが安く上がります。

さて、G1→G2の成功率が94%の理由です。このとき、素材船をG3にすれば成功率は100%になりますが、結構お金がかかります。そこで、設計図を使います。設計図はリビルド船を解体すると手に入ります。なので、G1のリビルド船を用意してそれを解体します。

解体は、船大工からです。設計図は、細部設計図100枚→部分設計図100枚→全体設計図100枚とまとめることができます。結構かさばるのでまとめておくといいです。

レシピは船大工入門・工芸の書です。ロンドンをはじめ一部の都市は工房に固定レシピがあります。全体設計図が2、3枚あればいいです。


設計図を使うとグレード経験値がたまります。経験値がたまると成功率が上がるのです。G1→G2のリビルドでは設計図も使って成功率を100%にします。
PR
2015/09/19 (Sat) 造船 CM(2)

HMS ヴィクトリア

こんにちは、フィリップスです。8月後半は立て込んでいてあまりインできませんでした。おついてきたので、念願のLv75海事船を造船しました。もちろん、ロイヤルソブリンです。






1/4 大ラテ、汎用砲門、船尾回廊、提督居室 (白兵戦迎撃付加)

いつも通り、ここでリビルドです。


かなり悩みましたが、切込み防止網を移植しました。白兵戦迎撃もついてますが、後攻でないと発動しないので無条件で発動する網をつけました。まぁ、網じたい優秀なOPスキルですが

 
はい、今回の強化の目玉の装甲艦改装です。砲撃ダメを軽減します。


2/4 大スクウェア、舫綱、特殊船倉


3/4 大ラテ、強化ロープ×2

 
4/4 大ガフ、強化ロープ×2


専用艦スキルは耐砲撃装甲です。私が作る軍艦では定番のスキルです。

 
いつも通り紋章だけです。艦名は、例によってイギリス海軍の軍艦からです。耐久で失敗したので耐久MAXになりませんでしたが、1370あるのでまぁ大丈夫でしょう。上級船は4回強化が多いので(ほとんど?)設計が大変です。

Lv75の船はほかに轟音機雷付きの船を作ることを考えてます。今ある一等戦列艦の後継艦になりますね。ゼーアドラーと将官用ラ・レアルで現在検討中です。ラ・レアルの場合ガレーデビューになりますが・・・
2015/09/02 (Wed) 造船 CM(4)

新造艦のこと

こんにちは、フィリップスです。ついに、海事Lvが75になったので軍艦を新造することにしましたが、どのような船を作るかは決まってません。

といっても、作る船は決まっています。ロイヤル・ソブリンです。模擬でも使われる優秀な船です。
問題はどのような強化をするかです。一つの案として今ある一等戦列艦のように轟音機雷をつけるというものがあります。この場合、今ある一等戦列艦をリビルドの素材船に使うので造船費用が安くなるという利点があります。もう一つはカチコチの船にするというものです。私は後者で行こうかと考えています。カチコチな船にするということはどういうことかというと、SRで装甲艦改装をつけるというものです。耐砲撃装甲もつけます。スキルは強化余裕等から考えてあと2つ付けられます。(ちなみにスキルの最大数はFSで2個、SRでスキル枠を拡張して2個、専用1個の計5個)
ソブリンで付与可能なOPスキルの中で面白そうなスキルは、司令塔と耐砲撃装甲、白兵戦迎撃です。司令塔はよく付けているので今回は付与せずに行こうかと考えています。残るは、耐砲撃装甲と白兵戦迎撃です。つまり、スキル編成は2つの案があります。

1案
・装甲艦改装(SR)
・耐砲撃装甲(専用)
・白兵戦迎撃(FS)
・なにか(移植)

2案
・装甲艦改装(SR)
・耐砲撃装甲(FS)
・なにか(専用)
・なにか(移植)

OPスキルで耐砲撃装甲をつけて、専用船で他の有用なスキルをつけるか白兵戦迎撃をつけて先制攻撃を殺すかのどちらかです。さぁどっちにしよう・・・

ちなみに、現時点ではスキル移植で強化機雷を移植することを考えてます。と、書きながら切込み防止網をつけて1案で作ればかなり防御力の高い船が作れるなぁと考えてたりします。

さぁ、どうしましょう・・・
2015/08/15 (Sat) 造船 CM(5)

造船マニュアルその4

こんにちは、フィリップスです。今回は船の設計についてです。私なりの考えを書きたいと思います。

つづきはこちら


船の設計といっても、強化プランのことです。軍艦と交易船分けて考えたいと思います。移動用であれば交易船と基本的に一緒です。

交易船

交易船に求められる性能は速力のみです。耐久を上げなくていいので軍艦に比べて楽です。上げる性能は、帆性能と対波、旋回です。帆性能はMAXを目指したほうがいいでしょう。対波は速度性能に直結します。帆性能以外では優先してあげていいと思います。旋回は速度性能にはあまり影響しないみたいです。ですが、旋回速度が上がるのでいくらかあげておいていいと思います。私は16強程度にしています。

材質はチークが一番です。材質によって耐久と帆性能が変化しますが、チークは一番帆性能がよくなるからです。また、ガナドールでとれる木製装材はチーク相当です。交易船の強化では初期化するので、新造時に装材を入れて作ることになります。(材質変更は受け継がれる)

交易船で有用なOPスキルは、軍艦に比べてかなり少ないです。有用なもので簡単につくのは、急加速、高層見張り台です。主計室も使えると思いますが、移植する場合が多いでしょうし、スキルを移植するなら南蛮優遇をつけたほうがいいと思います。一部の船には○○保管庫というOPスキルが付きます。このスキルは取引スキルをブーストする能力があります。持っている取引スキルによっては使えるかもしれません。

グレードボーナスは速度を上げるならば、対波強化がいいと思います。加速強化には速度上昇効果はないみたいです。ですが、短距離ならば加速強化のメリットが大きいでしょう。グレードボーナスは2つ使えるので、対波強化と加速強化1が速度性能からは一番と考えます。

軍艦

私が一番好きな分野です。軍艦では交易船と比べ強化する項目が変わります。つまり耐久、帆性能、旋回です。余裕があれば、装甲を強化します。一部の船は砲室容量が不足するので強化する必要があります。また、ガレー船は対波性能が悪い傾向があるので、対波を上げる必要があるでしょう。一方フリゲート船は船室容量が少ないので船室容量を強化することもあります。

強化方針としては、耐久はMAXを目指します。ですが、上位の船では強化回数が不足するのである程度のところで妥協しなければなりません。リビルドするのであればその限りではありませんが。

帆性能は無理にMAXにする必要はありません。帆性能をMAXにできないときは、私は縦帆を優先してあげています。このあたりは、好みで決めていいと思います。旋回は、私は交易船と同じくらいまで上げてますがここまで絶対に上げなければならないわけではありません。帆なしで10前半台で十分だと思います。上げすぎるとクルクル回って扱いにくくなるかもしれません。自分が扱いやすい水準を見つけるのが一番だと思います。

材質は、公用か鉄材になります。新造時に木製の場合は、装材を入れて材質を変更しましょう。また、軍艦は交易船と違って初期化しません。船体に耐久+があるからです。ですが旋回-が付いているので(ついていない船体もある)初期化することもあります。

グレードボーナスは、いくつか選択肢があります。耐久強化はほとんどの場合強化上限を超えますが、ほかのパラメータをFS造船であげられるようになるのでとても使えます。旋回強化や対波強化はあまり使う機会はないでしょう。ですが、リビルドで強化することでFS強化でほかを上げたり、スキルをつけるといったことができるので場合によっては使えます。容量強化で使えるのは船室容量強化くらいです。船室容量の少なさを補ったり、白兵戦能力を向上させたりとかなり有用です。

スキル継承は私がよく使っているグレードボーナスです。ほかの船でないとつけられないOPスキルを移植できるので使いたいスキルがあるときに使うといいと思います。

OPスキルはかなり多くなるので割愛します。気が向いたら書くかもしれません。

さて、いろいろ書きましたがここに書いたことはあくまで私の考えです。実際に作ってみて、使ってみるのが一番だと思います。また、いろいろなブログを回ってみるのもいいです。いろいろな造船記事があるのでとても参考になります。

× Close

2015/04/11 (Sat) 造船 CM(2)

造船マニュアルその3

こんにちは、フィリップスです。今回はシップリビルドについてです。

折り畳みます。

つづきはこちら

最初の記事でシップリビルドは、合成だと書きました。では、リビルドすることでどんなメリットがあるのでしょうか。SRでは、グレードボーナスというものを得ることができます。グレードボーナスにはいろいろな種類があります。グレードボーナスには以下のものがあります。

○○強化
船の任意の性能をあげます。DOLでは船の性能はいくつかの項目で表されてますが、そのどれかを強化することができます。

加速強化1、2
加速強化は船の加速度があがります。私は検証したことがありませんが、船の最大速度は変わらないという報告があります。加速度のみが上がるとすれば、短距離で有利になるでしょう。

スキル枠追加1、2
付与可能なOPスキル枠を増やします。いろいろなOPスキルをつけたいときに有効でしょう。また強化回数が多くないと全体の設計が難しくなりそうです。
 
加速強化とスキル枠追加は1を得ないと2を得ることはできません。

スキル継承
私はよくスキル移植と言ってます。スキル継承では、ほか船に付与されたOPスキルを移植することができます。移植されたスキルをさらに移植することもできます。ただし、リビルド後の船で使用できないスキル(帆船に漕船補助)や直撃阻止、白兵戦回避は移植できません。

○○改装
砲艦、装甲艦、白兵艦、探検船があります。戦闘系の3つは、他の性能の犠牲に一つの性能を上げることができます。探検船改装は、洋上での冒険経験値の増加やサルベージ引き上げ率の上昇などのメリットがあります。このグレードボーナスは、OPスキルの形で付与されるのでOPスキル枠を消費します。またほかの船に移植することはできないみたいです。

SRは3回できて、成功するごとにグレードが上がります。私はグレードはGnの形で表してます。グレードボーナスはG1とG3で選択することができます。

つぎに、SRのやりかたです。SRは船大工からです。船大工のシップリビルドを選ぶと所持船を選ぶ画面が出てきます。そこで強化する船と素材船を選ぶと

このような画面がでます。重要なのは、選択ボーナスと成功率です。成功率は、強化船と素材船のグレードとグレード経験値できまります。グレード経験値とは、グレード表示の下の赤いゲージのことです。さらに、同じ種類の船かどうかでも変化します。その関係はwikiに乗っています。

グレード経験値は、設計図であげることができます。ほかに、リビルドに失敗してもあがります。

私は、それぞれの強化で目標グレードの素材船を用意してリビルドしています。G1とG2では成功率が100%にならないので、設計図を使っています。設計図はリビルドされた船を解体することで得られます。

最後に船形式についてです。
船形式は、リビルドでの性能強化値を決定します。この性能強化値はグレードボーナスとは別のものです。船形式を変える場合は、G2の時にG0の船を掛け合わせるのがいいです。また、素材船は目標の船形式にして起きたほうがいいでしょう。

× Close

2015/04/08 (Wed) 造船 CM(0)